« 自然災害 | トップページ | なるようになる »

2011年8月31日 (水)

リクエスト

今回はいつも読んでくださっている方からのリクエストにお答えします。

外国人が「日本に長く居すぎてしまった」と実感するのはこんなとき
http://labaq.com/archives/50779932.html
という記事がありますが、それの「NYに長く居すぎて…」版をぜひ!ということですので、以下どうぞ。

あくまでも自分のことですので、NYに住むほかの日本人の方々は違っている所も多々あると思います。

・地下鉄に乗る時に、あせって改札を通ろうとする人がいたら車両のドアを背中で押さえて待っているとき。運転手がそれを見ても文句を言わず一緒に待っているとき。

・「alcohol」「allergy」などの日本語でも日常使っている単語の日本語的発音が曖昧になるとき。

・街で日本人を見かけると「あ、日本人だ!」と思うとき。ついつい会話を盗み聞きしてしまうとき。

・路駐した車から爆音で音楽をかけ、歩道でパーティをしているところに出くわしても気にならなくなったとき。

・バドワイザーも悪くないなと思うようになったとき。

・信号や横断歩道はあくまでも目安だと思うようになったとき。

・写真撮影のときに隣の人とくっついてポーズをとるとき。

・キスやハグをしているところを見ても気にならなくなっていることに気づいたとき。

・バーのカウンターやテーブルは上って騒いでも良いんだと思うようになったとき。

・トイレが2畳程度だと窮屈に感じるとき。また、水洗ノブが大と小に分かれていない事に疑問を感じなくなったとき。

・日本語を話しているときだけお辞儀をしている事に気づいたとき。

・自分がスシマスターだと勘違いし始めたとき。また、チョコレートがかかっていようが「これはスシだ」といわれればそうかなと思うようになったとき。

・夏にさしかかる時と終わる時に1時間ズレるのは当たり前だと思うようになったとき

・今年が平成何年か分からなくなったとき。

・シェイクハンドの3段技(握る、返す、いったん離して手を叩く)を無意識にやっているとき。

・時にポンドやインチ、フィートで言われないとピンとこなくなったとき。

・A4が気持ち悪いサイズに思えたとき。

・電車内で日本人を見かけると落ち着かなくなったとき。

・「どこ出身?」という質問を国籍を訪ねる時に使っているとき。

・自動販売機は必要ないと分かったとき。

・バーに入っても、お金を払わないで出てくる時もあるのは当然と思うようになったとき(飲めばお金を払いますが)。

・バーでタバコが吸えなくても文句を言わなくなったとき。また、バーに入るのにはIDが必要である事に疑問を感じなくなったとき。

・国のトップはその都度国民が選ぶのが当然と思うようになったとき。

・クリスマス、ニューイヤー、サンクスギビングなどの大事な行事は恋人ではなく家族と過ごすものと思うようになったとき。

・簡単に謝らなくなったとき。一方で日本人には簡単に謝ってるとき。

・血液型を訊かれると、あ、日本人(or韓国人)だなあ、と思うとき。

・タクシーのドアをためらいなく自分で開けるとき。

・地下鉄の向かい合わせの椅子が空いていると、そこに足をのせるとき。

・土足の室内を裸足で歩いているとき。

・地下鉄内で爆音で音楽がなっていても子供が騒いでいても、誰かが踊ったり歌ったり、物乞いしていたり電話で大声で話している人がいても、気にならなくなったとき。

・深夜の街中を一人で歩いていても危険を感じなくなったとき。

・通路にテープが張っていて通り抜けられそうもない状況でもくぐって通るとき。

・スーパーや洋服屋で犬を連れて歩いている人を見ても驚かなくなったとき。また、勝手に商品を袋や箱から出して確かめ、それを放置して店を出るとき。

・ゴミの分別の意味が分からなくなったとき。

・金や黒ならまだしも、茶色に髪を染めるセンスが分からなくなったとき(自分もかつて茶色に染めていただけに、、、)。

・スライドするドアの開け方が分からなかったとき。

・日本銀行券が子供銀行のと一緒に見えたとき。穴があいている硬貨を大事にしているとき。

・Yeahという言葉を承諾する時以外に使わなくなったとき。

・電気の無駄遣いが気にならなくなったとき。

・タバコが$12することに疑問を感じなくなったとき。また、吸い殻は道ばたに捨てるものと思うようになったとき。

・外でビールを飲むとドキドキするとき。

・アメリカ人旅行者に道案内をしているとき。

・女性が半裸で歩いていてもドキッとしなくなったとき。

・自分は自分、と思うようになったとき。「人の迷惑」ということに神経を尖らせなくなったとき。また、それを許容するようになったとき。

・年下の若者からタメグチ(言葉そのものというよりは態度)で話しかけられてもまったく気にならなくなったとき。また、名字で呼ばれると構えてしまう時。

・デリなどで小銭が無い時はまけてくれと言ったり全額ツケにしたりするとき。

・でもやっぱり自分は日本人なんだなあと思うのは、8歳くらいのアメリカ人の子に「波〜!!!」って両手を突き出されたとき。

-----

なんだかんだNY在住4年目の自分ですが、10年20年30年とNYに住んでいる日本人の方々のお話も興味深いです。

|

« 自然災害 | トップページ | なるようになる »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

息が続くかぎり「へぇ〜〜〜っ!」って言いたい気分です。NYとの距離がぐっと縮まりました。
ところで「バーのカウンターやテーブルは上って騒いでも良いんだと思うようになったとき。」

これ、やったの?

投稿: 洋 | 2011年8月31日 (水) 06時10分

洋さん:

さすがに自分はやってないです、クレイジーでおばかなお祭り野郎が騒いでます。
また、バーによっては(特にマンハッタンの小奇麗なところは)バーテンダーに怒られると思います。

アップルストアでは何処まで許されるか、を実験しているコメディアンによると、「ヤギを連れて行く」や「ピザを注文して届けてもらって食べる」などはセーフ(怒られない)のようです。犬はいつでもフツーにいます。

投稿: Taka | 2011年9月 2日 (金) 00時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1091627/41435150

この記事へのトラックバック一覧です: リクエスト:

« 自然災害 | トップページ | なるようになる »